予防歯科 予防歯科

歯みがき指導歯みがき指導

虫歯や歯肉炎にならないようにするためには、お家での毎日のケアが必要です。
そのために、正しいブラッシング方法の指導を行っております。

1まずは歯垢(汚れ)を染めてみます。
当院では、汚れの染め出しをして、お口の汚れを確認してもらうところから始めます。
汚れを染めた写真

磨けているようで意外に汚れが残っているんです。

一見、きれいに磨けているように見えますが…

実はまだ、こんなに歯垢(汚れ)が!!
※赤く染まっているところが磨き残しです

2歯垢(汚れ)を見ながら歯磨きの練習をしましょう。
自分で歯磨きできるお子さんには、染め出した汚れを見てもらいながら、より上手に歯磨きしてもらえるよう歯ブラシの練習をしていただきます。
ブラッシング指導の写真

お子さんが小さい場合には、汚れを染め出した後、保護者の方にブラッシングをしていただき、そばで歯科衛生士がお手伝いします。

pagetop

フッ素塗布フッ素塗布

フッ素とは?

フッ素は歯に作用させると歯の表面に取り込まれ、結晶の一部になります。フッ素を含む歯の結晶は、普通の歯の結晶よりも固く、酸に溶けにくいものになるのです。

  • 歯にフッ素を塗布すると、エナメル質に直接作用して、そのカルシウム塩と反応します。すると、フッ化カルシウムが形成され、虫歯になりにくい歯になります。
  • フッ素が歯に結びついたとき、歯は耐酸性となり、酸に対する抵抗力が強くなります。
  • フッ素は酸生産菌の発育を阻止し、また、発酵阻止作用があり、虫歯の予防になります。
注意
1フッ素塗布後30分間は、飲食とうがいを控えてください。
2「フッ素を塗ったから虫歯にならない」というのは、大きな間違いです!
毎日の歯磨きが虫歯を防ぎます。
3一度塗ったからといってすぐ効果が現れるわけではありません。
繰り返し塗ることにより効果が得られます。定期的に来院しましょう。
pagetop

シーラントシーラント

シーラントとは?

奥歯には『みぞ』があり、バイ菌がたまりやすくなっています。この『みぞ』は深いので、歯ブラシで完全に取ることはできません。そのまま放っておくと、虫歯になってしまいます。特に子どもの歯や、生えたばかりの大人の歯は虫歯になりやすいのです。

そこで、この『みぞ』の中をキレイに掃除して、バイ菌が入らないように埋めてやれば虫歯の対策に非常に役立ちます。これをシーラントといいます。

この処置は痛くないので、麻酔も必要ありません。虫歯になって痛い治療をするよりも、ずっと簡単で、歯にとってもやさしく、歯も長持ちします。

シーラントの写真

シーラントの素材は白いので、目立ちません。

pagetop

歯石除去歯石除去

歯石とは?

歯石は歯垢(プラーク)が唾液の中のミネラルと結合して石灰化したもので、主に歯と歯ぐきの境目につく灰白色の石のような硬いかたまりです。

いったん歯石になってしまうと、通常の歯ブラシでとることはできないので、機械を使って取り除きます。

歯石の写真

下の前歯の裏側は歯石がつきやすい場所です。
歯石がついたまま放置しておくと歯肉炎を起こしたり、悪化させたりするので、歯石をきれいに取って、清潔な状態を保てるように、歯みがきを練習しておくことが重要です。

pagetop

間食指導間食指導

虫歯ができているお子さんには、ブラッシング指導とともに間食指導もしております。

長時間にわたっておやつを食べることは、虫歯菌の繁殖を活性化させてしまいます。
おやつを食べるときは時間を決めて、チョコレートやアメなど、糖分が多く含まれているお菓子は控えめにしましょう。
これだけで虫歯のなりにくさに差が出てきます。

気になることがあれば、お気軽にご相談ください。

pagetop
page top
診療時間
午前9:00~13:00
午後14:00~18:00
※祝日は休診です。
急患の方も常時受け入れております。
《ご予約優先》受診予約・お問い合わせ
082-294-1777
診療時間内でしたら、いつでもお電話を受け付けております。